100年を越える実績
日本での豊富な経験
米国特許事務所


素晴らしいアイディアが世界をかえる。当特許事務所の高い技術を有するプロフェッショナルな米国特許弁護士たちは、1880年からずっと、そのアイディアをまもることに焦点をおいてきました。数少ない、日本の特許事務所での実務経験豊かな米国特許弁護士が所属しているのも強みです。

More

レナーオットー特許事務所


私たちは、1880年創設のアメリカ オハイオ州クリーブランドを拠点とする、米国特許事務所です。バイオテクノロジー、化学、コンピュータサイエンス、電気工学、機械工学、プロダクトデザインを専門とする米国特許弁護士が所属しています。アメリカ国内外の、特許、訴訟・審判、意匠、商標、著作権などに関わる、権利の鑑定と行使、保護、マネジメント等、幅広いサービスをご提供しています。 私たちは知的財産を専門とした弁護士・代理人としてのみならず、信頼されるアドバイザーとしても、複雑な現代のテクノロジー、商業、法律環境にあるお客様のご要望にあったサービスを提供しています。

私たちの強み

私たちの強み


100年を越える実績

1880年の創設より「知的財産」を専門として、お客様をサポートし、お客様との関係を長い期間にわたって大切にしています。お客様からの信頼を頂いていることで、ここまで事業を続けてくることができました。

高い特許査定率

米国で特許の権利化をご希望の中小企業、大企業、大学・研究所、個人発明家のみなさまの PCT出願・パリルート出願等、米国での特許出願をサポートさせて頂いています。そして高い特許査定率を誇っております。

特許権の行使と防御

特許権の鑑定、すなわち侵害・非侵害鑑定や相手方から提示される特許に対する無効鑑定の経験が豊富です。 競合企業より「警告状(cease and desist letter)」が届いた場合等に、米国特許侵害に関わる評価や交渉業務も多数行っております。知財侵害

高いクオリティとリーズナブルな費用

私たちは、オハイオ州クリーブランドを拠点としていますので、アメリカで一番物価の高いワシントンD.C.の特許事務所と比べると、安価な費用で、クオリティの高いサービスを提供することが可能です。 詳細はこちら >

レナーオットー特許事務所

3つのアドバンテージ



高品質の明細書・オフィスアクション応答書のご提供


私たちは、日本企業の特許権に関する鑑定書を作成してきましたが、その時に多くの特許明細書とオフィスアクション応答書(意見書・補正書)・特許証を拝見する機会を得ることができました。素晴らしい書類もありましたが、残念ながら特許権を弱くさせてしまうような書類も少なくないことに驚きました。明細書・オフィスアクション応答書のクオリティというものはピンからキリまであるのが実情です。

ご存知の方も多いと思いますが、「広く強い特許権」を取得するためには、クオリティの高い明細書とオフィスアクション応答書が必要です。それを作るには、技術に関する知識と理解力、そして文章力が必要なのは当然ですが、さらに加えて、特許権が「侵害されやすい」「無効化されにくい」書類を作成するスキルがあるかどうかも重要です。私たちはそのスキルを、日本の中小大企業の特許権に関する鑑定書を作成することで磨くことができました。(詳細は次の項をご覧ください。)

また、私たちは米国特許庁の審査官と電話やWebEx(テレビ電話)を通して頻繁にやりとりをしていますが、これも出願審査経過における意見書(ディスクレーマー・禁反言の可能性)を最小限にするために有益なことです。

私たちは、最高品質の明細書・オフィスアクション応答書をご提供することができます。

特許・知財侵害・鑑定業務の豊富な経験


私たちは、日本の特許事務所にて、権利侵害を回避するためのアドバイスなどを含めた特許権侵害・鑑定に関わる業務の経験が多数あります。日本企業の知財部の方々、エンジニアの方々とやりとりを行い、数々の非侵害鑑定書や無効鑑定書等を作成してきました。

非侵害鑑定書は、ディスクレーマー(クレーム範囲の一部を放棄すること)を引き起こす点について、特許証と出願審査経過を調査しました。出願審査経過禁反言の原因となる、出願審査経過における補正書の調査もしました、均等論の適用を防止するためです。そして、特許侵害の回避や、特許侵害のリスクを減らすための提案(例えば、製品の設計変更など)もしてきました。

無効鑑定書に関しましては、特許証と出願審査経過を調査し、特許を弱くする点を意見書と補正書から探し出します。私たちは日本の弁理士とエンジニアと協力し、先行技術のどの部分が米国特許を無効にするために必要であるかを探し、特定してきました。

特許権侵害や鑑定に関わる業務はとても複雑なものです。日本の現場で、直接弁理士やエンジニアとともに働いてきた経験のある米国特許弁護士はあまりいません。技術の知識、米国特許法の知識、そして日本での豊富な経験のある私どもにお任せいただけますと幸いです。

クオリティの高いサービスをリーズナブルにご提供


私たちのオフィスは、オハイオ州クリーブランドのプレイハウススクエア地域(Playhouse Square District、伝統的なシアターが立ち並ぶ歴史的なエリア)にある、程よいオフィスです。物価がアメリカで一番高いワシントンD.C.や、都市の中心部にある高層ビルの50階にある様なオフィスではありません。そして、巨額のマーケティング費用も使っていません。

またレナーオットー事務所は、パートナーも給与のために、現場で実際の特許業務を行わなくてはならないという組織体制です。その結果、当特許事務所のパートナー達は、常に最前線で、常にスキルを磨いています。

さらに、当特許事務所はパートナーと中堅弁護士、若手弁護士の人数のバランスがよくとれています。ですので、それほど高い経験と専門知識が求められない仕事は、時間単価の高くない若手弁護士が担当し、パートナーが監督をすることで、サービスコストを抑えることができています。

程よいオフィス、熱心なシニアレベルの弁護士、そして意欲的な若手弁護士。これらのコンビネーションによって、クオリティの高い仕事をリーズナブルにご提供できる、ということが実現出来ています。


日本での豊富な経験
米国特許弁護士
ポール・ステフェス

レナーオットー特許事務所のパートナー、ポール・ステフェス(米国特許弁護士)は、2003年から約10年にわたり、日本の特許事務所で米国特許業務に携わってきました。主に、特許出願・中間処理業務・特許権の権利行使及び訴訟、鑑定書作成(非侵害鑑定書・無効鑑定書)、米国知的財産法に関する幅広いサービスを行っております。

プロフィール >  
米国特許弁護士ポール・ステフェス Paul Steffes

プロフィール

Education

1990年:米国オハイオ州クリーブランド大学卒業(機械工学・成績優秀賞受賞)、 1997年:米国オハイオ州クリーブランド大学ロースクール卒業(Juris Doctor)、資格:米国弁護士

1990-1995

アメリカ航空宇宙局(NASA)

機械工学エンジニアとして、宇宙ステーションの実験装置開発に従事。NASAに勤務しながらロースクールに通い、弁護士資格を取得。

1995-2003

米国特許事務所

レナーオットー特許事務所(現所属)、ワッツ・ホフマン・フィッシャー&ハインク特許事務所勤務。日本への出張・短期滞在も経験。

米国特許弁護士ポール・ステフェス Paul Steffes

日本での経験

2003-2012

日本国内特許事務所

東京・名古屋・大阪の大手特許事務所に勤務し、米国特許業務に携わる。また、日本語を学び、日本で生活をすることで、日本の文化習慣にも感銘を受け、大の日本ファンに。

2012~現在

米国特許事務所へ

米国オハイオ州クリーブランドのレナーオットー特許事務所に戻った現在、米国、日本、中国、ヨーロッパ企業の米国特許に関わる業務に従事。仕事でもプライベートでも毎年日本を訪問。

米国特許弁護士ポール・ステフェス Paul Steffes

お問合せフォーム

ご相談・お見積りは無料です。
窓口は日本人が対応しておりますので、日本語でお気軽にお問合せください。



※ご記入いただく情報は暗号化された通信(SSL)で保護され、安全に管理されます。
※お問合せフォームが使えない場合は、「psteffes★rennerotto.com(★を@にかえてください)」までメールをお送りください。